「三度の飯より〇〇が好き」再スタート!

ワーキングホリデー
Processed with VSCO with c1 preset

まえがき

初めてましての人も初めましてじゃない人も、こんにちは。Keiです。

はてなブログから移転しました。理由は、

  • 本格的にブログ運用しようと思った
  • 久しぶりにはてなブログのアクセス解析見たらPVが5万超えてて、移転するなら今のうち(ちょっと遅い?)かなぁと。

しばらくは、はてな時代のものを少し手を加えて再投稿したり、季節に合わせて新しい投稿もしていこうと思います。目標は2日に1回更新!

ブログタイトルは高校生の時に考えたものを、どこ行ってもそのまま使っています。

私が高校の頃はみんなDECOLOGをしてました。もしくはcroozとかね。まだインスタよりTwitterよりmixiの時代ですね。懐かしいよね。なんなら、前略プロフとかもやったよね。だいぶ前にサービス終了したらしいけど。

カナダのトロントでワーホリを経験してから早2年(?)、息抜きの場所でも作れたらなぁと開設したブログも、再スタートです。

まだブログのデザイン定まってないし、せっかく新しくしたから書き方ももっと見やすくしたいところだけど、、、努力します。

このブログではトロント生活のことや留学ワーキングホリデー英語学習旅行など、なんていうジャンルに括るのかわからないけどそのへんのこととか、個人的に音楽が好きなのでたまには音楽の話もしたいですね。

私について

Kei (25)

神奈川県生まれ。幼い時からいろいろな土地を転々としながら富山県へ移り住み、今は都内・広告代理店の派遣OLとして、毎日のんきに定時退社決め込んでます。はじめて海外に行ったのはアメリカのロサンゼルス。

その後はフィリピン、トルコ、そしてワーキングホリデーでカナダのトロントにも行きました。

今までやって来たことと言えば剣道10年。ドラム3年。音楽はメロコアが好きで中でも10-FEETが一番です。

10-FEET – その向こうへ LIVE VERSION(2018.2.22 Zepp Tokyo)

なぜ留学を決意したか

就活が嫌になった大学4年生の夏

やっと本題。しばらくはカナダ留学の記事ばかり書くので自己紹介もかねて、なぜ留学に行ったかと言う経緯を話すと

就活が嫌になったからですね(極論)。

小学5.6年生当たりはぼんやりと客室乗務員になりたいなと思っていました。ほんとぼんやりと。空港行くとなんだかわくわくするし飛行機乗るの好きだし英語話していろんな人と会話するの楽しいだろうなぁなんて。あと客室乗務員さんてみんな女性らしくて凛としててカッコイイじゃん。他にはパイロットとか自衛官とかなんかカッコイイ仕事に憧れてたんですね。だってまだ小学生だもの。

しかし、中学は部活、高校はそのままスポーツ推薦で部活、部活に明け暮れたバカが良い大学なんか行けるわけなく、とりあえず英語には興味があったから推薦で入れてくれそうななるべく近くの国際系の学科へ進学(このあと片道2時間半かけて毎日通うことになる)。

今まで部活してきた分真面目に大学生活送るぞ!」なんて思ってたのは地元の駅前にある居酒屋のアルバイトを始めるまで。他の大学の学生との交流も増え、飲んで騒いで、、、。それでも時間を持て余した私は勉強をするのかと思いきや、学科で仲良くなった、ちょっとアゴの長い当時オン眉ショートカットを決め込んでた友達がギターを担ぎながら毎日楽しそうにサークルへ行く姿に何故か興味をそそられ、そのまま大学1年生の秋には軽音楽部へ入部。そして何故かドラムを始める。

軽音楽部でのお話はすっ飛ばして、大学4年生になり就職活動も本格化。何になりたいかなぁって思ったら、まだ可愛い頃の私の夢、客室乗務員という選択肢が出てきました。あとグランドスタッフ。まぁ今まで勉強もせず対策もせず楽しみだけを追求してきた分のつけがここに回ってきました。書類審査やグループディスカッションは何とか取り繕えたものの面接になると呆気なく惨敗。

そして、就活諦めた大学4年生の夏、私は留学を決意しました。

留学を決めたのには他にもいくつか理由があります。

  1. 海外の生活に興味があったから(アメリカやフィリピンなどへ言った時の話はまたいずれ別の記事にて)
  2. 英語を身につけたかったから(海外に行くには英語は必須。いろんな人と話して知らなかったこと知るのは大好き。あと単純に喋れたらカッコイイ)
  3. 海外に行ったらまた違う価値観と世界に触れて視野が広がるかもしれないと思ったから
  4. このままその辺の特に何もない企業へ就職するのが嫌だったから

就職活動してるうちに思ったことは「自分のやりたいことをやりたい」ってことです。

あたりまえのことなんだけど、とりあえずどこかの企業に就職って言うのは嫌だった。就活前は割と仕事なんてなんでもいいんじゃないかなと思うこともあったけど、就職するんであれば自分の納得のいく職を見つけたいと思い始めました。だって仕事は退職するまで何十年も続くんだよ。しかもそこで出会う人たちってこの先私に大きな影響を与えてくれるんだよ。きっと。

ここで今の就活生とこれから就活をするであろう方々に一言

大学の就活に関する授業では、

  • 自己分析
  • 企業研究
  • エントリーシート、グループディスカッション、面接対策etc…

こんなことをやってると思います。きっと私もやった気がする。大体、寝てるか喋るか携帯いじる事しかしてなかったけど。この授業ほんと「全員が就活する前提」だよね。

自己分析の中で、「なぜ就職するのか」って考える人もいると思うけど、それ本当に重要だと思います。フリーターしながらお金稼いでそのお金で好きなことする生活悪くなかったよ(笑)

派遣OLとして働いてる今では、将来に不安も残るので、一概に何が良いかなんていえないけど。

長くなりすぎたので次回予告

そんなこんなで次回は「留学準備 〜トロントに行くまでの生活(前編)〜」です。

こんな感じのブログですが暇な時にでもみてあげてください。

Kei

コメント

タイトルとURLをコピーしました